制作工程

2007年11月30日 (金)

看板の修復

20年以上前に制作いたしました看板です。
風雨にさらされた姿は貫録充分ですが、
ここまでになりますと手直しが必要です。

01

両面彫りです。

02_2

03

汚れや古い塗料残りなどをサンドペーパーなどで
取り除きます。防腐・防カビ剤を塗布してから
再びモチーフ・文字に彩色します。
その途中です。

04

表裏、異なった色にとのお客様のご希望です。

05

06

07

完成です。また、20年後には
里帰りして下さい。

08

09

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

長らくのお休みごめんなさい!

一身上の都合によりまして、記事の更新を
休んでしまってから
気がつけば約半年も経てしまいました。

年も変わり、
新たな気持ちで仕事もブログも励みます。
皆様、今年も宜しくお願いいたします。

Saikai
初仕事は翔ぶカワセミ

| | コメント (2)

2006年3月19日 (日)

表札が出来上がるまで(1)

表札のご注文を受けてから完成するまでを
ご紹介いたします

今回は木曽ヒノキ材の例です。

01_1

モチーフとお名前を木の上にトレースします。
Tole
トレースしたモチーフとお名前を彫ります。
刃物はほとんど印刀のみの使用です。

03_1

どんどん彫り進めます。

T

彫りあがりました。

04_1

この後、表札全体に
防腐・防カビ剤を1〜2度刷毛塗りします。
(外部用木材保護着色剤sadolin classic)
12時間ほどかけて乾かします。

| | コメント (0)

2006年3月18日 (土)

表札が出来上がるまで(2)

表札制作の続きです。

彫り上がり防腐剤も完全に乾いたら彩色です。

使用する絵の具(アクリル絵の具)と筆です。

Enogu

手彩色の途中です。
写真集などの資料で確かめながら
塗り進めていきます。

Nuri_1

モチーフもお名前も彩色完了です。

06

仕上げとして
外部仕様用の塗料
(呼吸形弾性ウレタン樹脂塗料)を刷毛塗りし
24時間ほど乾かしてもう1度塗り
更に24時間ほど乾かして完成です。

完成している例です。

H1

| | コメント (0)